フィルムカメラで撮る写真|impermeable photographie

除雪車!除雪車!除雪車!

2014年03月12日

Processed with VSCOcam with c1 preset
Processed with VSCOcam with c1 preset
Processed with VSCOcam with c1 preset

先日、寒波を狙って新潟へ行ってきました。
2月の関東の大雪によってクタクタになったことにより、もう当分雪はいいよ…みたいな気持ちにもなっていたのですが、美味しいものを食べたい!温泉入りたい!できたらボードも!みたいな感じで行ってきました、新潟。

吹雪いている中を走行していると、ブオオオオーンギュインギュインという音と明るい光を発した除雪車が前方に見えます。今までは「除雪車いると遅いなー」と思っていたのですが、関東の大雪のときに除雪車のありがたさを実感したからか、あの大きさと明るさに胸がキュンキュンくるようになってしまいました。
除雪車が見えると「あ!除雪車!」と言いながら手を振る勢いです(振っていません)。

日中、全体像がはっきり見える状態での作業もたまりません。
道路脇に積もっている雪の塊を綺麗にそぎ落としていく姿…美しい…
歩道を除雪している姿…助かる…(私は車ですw)
あの大きなタイヤにさらにチェーンを巻いている!さすが!
とにかくでかい!でかい!
はぁはぁ…といちいち興奮してる私。
もともと重機は好きなのですが、それに輪をかけて除雪車ラブ!度が増しています。たぶんもうあと1年近く見ることはできないと思うので、寂しいー!

やすやすと写真を撮れないところも魅力的で、吹雪の夜に道路脇で除雪車を待って撮るって難易度高すぎる!でもいつか撮りたい!高感度強いデジタルカメラを買って、明るいレンズを用意しなければ!一人旅できるようになったら、夜中の国道17号湯沢側で待ち伏せだ!といろいろ考えながら、かわいい女子を撮りたがる方々の気持ちがふとわかったのでした。
そしてなんとなく思ったのですが、私は「人間にあんまり興味ない」のではないだろうか?大事なものを持っていないのではないか…あははは…。そうだったのかー。心当たりありまくるなー。

追記)ここ数日ずっと↑このことを考えていたんだけど「人間に興味ない」というよりも、「他の人に対して遠慮する気持ちが強すぎるから、配慮が不要なモノへ執着する」というのもあるかもと気がついたのだった。写真は自分と向き合うことですな…。

ちなみに今回は遠巻きに数枚撮っただけです。あーもっと撮りたかったな。

スポンサードリンク

↑ページトップへ