フィルムカメラで撮る写真|impermeable photographie

瀧本幹也「海街diary」を購入しました

2015/07/30
  /

Japanese plum

大好きな漫画「海街diary」の実写映画化。楽しみにしつつもやはり好きな漫画なので少しドキドキもしていましたが、是枝監督なのできっと素晴らしい作品にしてくれるだろうとワクワク映画館に行きました。
映画はよく食べている映画で、食べるシーンと作るシーンが印象的で、季節の移ろいの美しさを感じることができ、長澤まさみちゃんの足が綺麗で大変よかったです。脇を固める年配の役者さんたちの存在感も素晴らしく、原作を読み込んでいるがゆえに気になってしまうところもあったのですが、2時間という枠の映画としてとても素敵でした。

で、映画を撮っていらっしゃるのがカメラマンの瀧本幹也さんで、映画を観た後、写真集が欲しくなったので、購入しました。

あの映画の世界をまるっと閉じ込めていて、より世界を広げてくれるような想像をしたくなる写真でした。そして長澤まさみちゃんの足が美しい…。
一番好きな写真は湯気の中のシラスの写真です。光と湯気がたまらんです。ここは映画の中でも印象的で一番記憶に残っています。
以前、瀧本幹也さんの海の写真の展示に行ったことがあるのですが、ほぼ日のTOBICHIで海街diaryの写真展が2015年7月29日(水)から8月3日(月)で開催されています。なんとかして行かねばー!6日間短い…(知っている人は知っていると思うのだけど、知らない人もいると思ったので、これが書きたかった…!)

TOBICHI
東京都港区南青山4-25-14

http://www.1101.com/tobichi/

こちらの記事も大変興味深くて面白かったです。
朝日新聞デジタル「海街へ」

↑ページトップへ