フィルムカメラで撮る写真|impermeable photographie

アートには疎いけど写真好きな私が札幌国際芸術祭に行ってきました

2014/08/25
  /

夫の実家が北海道なので、お盆の帰省を利用して札幌国際芸術祭に行ってきました。いわゆる現代アートに疎く、著名な方のお名前も知らない状態で見ていたのですが、全然わからなくても楽しめたのと、目的だった写真の展示が本当に素晴らしかったので、開催期間中に書きます!残り一ヶ月2014年9月28日までの開催です。
札幌国際芸術祭公式サイト

写真の展示がみたい!

札幌国際芸術祭の参加者を知ったとき、畠山直哉さんと松江泰治さんのお二人の展示は必ず見たいなーと思いましたが、公式サイトはかっこいいのですが、どうにも私の欲しい情報(どこで開催されているか?)が見つからない…webで長文読むの苦手…「とりあえず行ってみよう!」と現地で発見!というパターンだったので、わかりやすく記載してみました。※公式サイトへリンクしてます(敬称略)

畠山直哉

展示場所:北海道立近代美術館
濃密な写真から過ぎ去った時間を感じるのですが、そこにそのものがあったことは間違いがなくて、時間の流れを想像してしまいます。遠い過去と未来と。

松江泰治

展示場所:札幌芸術の森美術館
とにかくみっちり詰まった大きな写真!ものすごくかっこいいです。真っ直ぐでぎっちりで密度が濃くて、知っている札幌を探したりしながら、ずっと眺めてしまいます。フラットな画面は見れば見るほど不思議な気持ちに。
NADiff Galleryにて写真集『JP-01 SPK』の写真展が開催されています(2014年7月26日[土] – 9月7日[日])

写真以外で興味深かった展示

子連れ(4歳女児)で展示を観覧することが多かったので、全身を使って感じることができるようなものをかなり楽しみました。写真okの展示もあるのがよかったです!

北海道立近代美術館

中谷宇吉郎の雪の結晶のコーナーと白い部屋が印象的でした。白い部屋、落ち着かない感じがするのに、妙にしっくりするので、妙な感じ…。
※同時期に開催されている「徳川美術館展 尾張徳川家の至宝」のチケットとは共通ではありません

札幌芸術の森美術館

Processed with VSCOcam with f2 preset中谷芙二子の霧の彫刻の新作《FOGSCAPE #47412》がとにかく面白かったです!30分毎の8分間、美術館の外が霧だらけ!かなり濃霧で娘大喜び!水場が近いので落ちないように注意が必要なぐらいはしゃいでました。
それと『林による林』や大きな映像作品も楽しんでました。芸術祭関連ではないのですが、敷地内の野外美術館にある『佐藤忠良記念子どもアトリエ』の建物がすごく好みでした。有島武郎邸もガラス具合や光の差し込みがキラキラしててよかったです。

モエレ沼公園

Processed with VSCOcam with f2 preset

イサム・ノグチによってデザインされた公園は全てとにかく美しくて、どこで写真を撮ってもいい感じになってしまうという、私にとって最高の公園です。沢山写真を撮ってきたので、現像するのが楽しみです。
自分の「公園」という感覚で行ってしまって、あまりの広さに打ちのめされます。最初に行ったのは冬だったのですが、完全にゲレンデでした!完全防備で冬にも行きたい。
ちなみに夏は噴水とか水遊びする場所があってとても楽しいです。噴水も大きすぎてビックリします…
去年のモエレ沼での空

その他

夫の地元なので札幌に関してはぼちぼち土地勘がある方なのですが、両美術館ともに初めていきました。そして全会場見るのにどのぐらいかかるか検討がついてなかったのですが、芸術の森は札幌駅近辺でなくてちょっと遠く、モエレ沼公園も含めて、この3箇所を1日でまわるのはなかなかハードそうな感じがしましたが、それは子連れだったからかもしれないですね。
※モエレ沼公園の山は運動不足の私はゼーゼー言いながら登ります…とても広いので園内で自転車をレンタルしてもよかったかも。

参考図書

札幌国際芸術祭以外での写真展

実際に足を運んだものやら行けなかったものやら…まとめてみました。参考になれば。

第30回東川賞受賞作家展

写真の町東川で毎年行8月に行われている「東川町国際写真フェスティバル」のイベントの一つです。
今年は野口里佳さんの光、石塚元太良さんのパイプライン、酒井広司さんの北海道の風景、増山たづ子さんの写真にはまた泣かされました…うぅ…
9月3日(水)までなので、東川町まで足を伸ばせる方はぜひ!水が美味しい町なので、食べ物がとても美味しいです。道の駅で売ってる瓶の牛乳やソフトクリームも美味しかった!

会期:2014年8月9日(土)~9月3日(水)
時間:10:00~17:30 ※会期中無休
料金:町内100円、町外200円
会場:東川町文化ギャラリー 〒071-1423 北海道上川郡東川町東町1丁目19番8号

札幌宮の森美術館 森山大道 北海道

Processed with VSCOcam with f2 preset

札幌宮の森美術館の前を通ったときに、偶然看板を見つけたので行ってきました。実は初めての拝見する森山大道さんの個展…力強くてかっこよすぎるので真似したくなるのわかる!と唸りました。点数も多いし、1970年代の町並みや文化という視点でもとても楽しめて看板や車のデザインに惚れ惚れしました。

会期:2014年8月9日(土)〜9月29日(月)
開館時間:10:30-19:00(入場は閉館の30分前まで)
休館日:火曜日(祝日の場合は翌日休館)
観覧料(企画展+コレクション展示):一般800円 シニア(60歳以上)高大生600円 中学生以下無料

「表出する写真、北海道」展

このチラシを手にとったとき、行きたい!と思ったのですが、私が北海道にいる期間には開催していませんでした…残念…

「表出する写真、北海道」展
会期:2014年9月2日(火)〜9月21日(日)
開場時間:10:00~20:00 ※期間中は定休日なし

と、覚えている範囲で書きました。最初の方に見たチカホのこととか忘れているのと、参加型イベントには行けなかったなーなんてことを思い出しました。思い出したら追記しよ…。
札幌国際芸術祭は3年ごとの開催とのことで、今後も続いてくれるといいなーと思いました。なんかよくわからなくても楽しめてよかったです。今後、他の地域で開催される芸術祭も行ってみたいと思いました!よくわかんないけど面白い!

↑ページトップへ